Slider

検索

タイトル
作者
朗読者の名前
朗読者の所属団体
ジャンル
ワード
  • ※2022年8月時点の情報になります。

  • ※2022年8月時点の情報になります。

200作品が見つかりました。
ジャンル:青春
キーワード:仕事 / キャリア / 楽しい
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
鬼まんじゅう
 ぼくは神奈川県の専門学校を卒業後、三河にあるソフトウエア会社に就職してプログラマーとして働き早3年経った。3年て言うキャリアは仕事に慣れてきて少しマンネリを感じ始める頃だ。……
〈続きを読む〉
休憩室の机
 失恋をした翌日の朝は、いつもより空気が澄んでいる。目元は、泣いた代償に腫れてしまっているけれど、気持ちはそこそこ、明るくなった。メイクをすればごまかせるだろう、そしてこれが、女子の特権。通勤路の紅葉も、……
〈続きを読む〉
朗読:上田愛  
作者:北原岳
キーワード:日常 / 切ない
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
晴れ空
 線路脇には川が流れていて、その横に植えられた木々が緑色に息づいている。 午後1半過ぎの散歩者は、老人やベビーカーを押した母親と小さな赤ん坊、それから僕。遊歩道は石畳になっていて、へこんだところに昨日の雨の余韻が残る。……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード:人間関係 / 学園 / 日常
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
学校の教室
 ぼくは、母に連れられて広島から名古屋にやってきた。小学校4年生の時の話だ。母は父と笑ってわかれ、二度と会わないと言い切った。ぼくに「ごめんね」と謝った。大人の事情だからと、かんたんに片づけられた。……
〈続きを読む〉
朗読:憲俊SCANP
キーワード:日常 / 虚しい
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
雪の降る山
 闇の中で赤い炎と白く凍る吐息だけが色を添える貸し切り状態の季節外れのキャンプ場。 後方から鼾が聞こえる。酔っ払った武藤がテントの中で寝ているのだ。 キャンプ場のチェックイン時にオーナーが言った通り、……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード:人間関係 / 楽しい
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
紫陽花
 ここのところ、近代史演習のレポートを作成するべくせっせと鶴舞図書館へ通っている。電源使用可の机を確保したいので、開館前に到着するよう逆算して、家を出て最寄りの駅から赤い地下鉄車両に乗り込む。……
〈続きを読む〉
ジャンル:ホラー
キーワード:親子 / 探偵 / 面白い
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
お内裏様とお雛様
我が家には、代々伝わる雛人形がある。とても立派な七段飾りで、私の祖母の時代からあったその人形は、今は私の八歳の娘のために飾られている。長い時代を生き抜いてきたお人形たちは、令和の今も変わらず凛とした威厳をたたえて、……
〈続きを読む〉
作者:西出あや
キーワード:日常
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
風になびく髪
「いらっしゃい」 予約時間の5分前。行きつけの美容室の自動ドアをくぐると、いつもの穏やかな笑顔で店長が迎えてくれる。 カントリーミュージックの流れる店内は、木目調のナチュラルな内装で統一されていて、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード:人間関係
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
金時計
 例えば私が森の泉に住む女神様だったとしたら。 あなたが落としたのは金の斧ですか、それとも銀の斧ですか。そうやって君に問い詰める。 金の時計。名古屋市民ならこの場所で一度は待ち合わせしたことあると思う。……
〈続きを読む〉
キーワード:家族 / 親子 / 日常
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
お香
 「ねえ、うちにも芳香剤置こうよ」 学校から帰るなり高2の娘リカが言った。 「うん」 澪子は返事だけしてリカの方を振り向きもせず、パソコンを打っていた。慣れないリモートワーク。仕事は溜まるばかりで、……
〈続きを読む〉
朗読:田中峰子STRINGS
キーワード:仕事 / 介護 / 懐かしい
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
介護士
 介護の仕事は大変です。夜勤明けのある朝のことでした。勤務終了前の巡回時、ある入所者さんの居室から芳しい匂いがします。 床には大きな排泄物が転がっていました。 さぁ、これを掃除して消毒すれば勤務終了、そう思った瞬間です。……
〈続きを読む〉
キーワード:人間関係 / 日常 / 仕事
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
路地
 今日も仕事を終え、そのまま家路につく。そのつもりだったが、少しいつもと違う道で帰ろうとふと思った。いつもより早い時間に帰れたこともあるが、要は気晴らしがしたかったのだ。こうしたことは、たびたび自分の中でおこる。……
〈続きを読む〉
朗読:柘倫司劇団名芸
ジャンル:ホラー
キーワード:子育て / 学園 / 探偵
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
踏切
 「あそこの踏切の近く、幽霊出るらしいよ」ミナトが言った。 えー、とみんなが笑う。 でも僕は、ミナトが言うならそうなんじゃないかなって思った。 お調子者のアルマとかシオンが言うなら、……
〈続きを読む〉
作者:村田選手
キーワード:日常 / 恋しい
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
たくさんのブローチとペンダント
 大須へ行くときにはルールがある。 大須観音駅の2番出口を出たら大須観音の前を通らずに必ず一つそれた道、東仁王門通りへつながる道を通って大須へと入っていく。なんで、ときかれてもなんでなのか自分でも実はよく分からない。……
〈続きを読む〉
シャンパン
 熱田神宮の、奥のお社が、とにかくすごい。と、同僚から噂を聞き、わたしは早速翌朝、電車を乗り継いで、その場所へと向かった。 わたしは今、名古屋市内で会社員として働いていて、ある日、……
〈続きを読む〉
ベンチ
 名古屋の人だ。 今の電話のアクセント。この隣の人、名古屋の人だ。語尾に「だって」って付けた。 「明日わたし試験なんだって」 そう言った。名古屋の人だ。いや、だけどもしかしたら他にもああいう語尾の地域があるかもしれない。……
〈続きを読む〉
本棚
 見慣れた街が時々、見飽きた街だと感じられることがある。街並みの所々がほころび、そこがまた縫い合わされて、修復されて、少しだけ変化することはしばしばあるけれど、ぼんやりとしていたら気づかないほどにその変化は小さく、緩やかであるので、この街はいつまでも変わらないな、なんて思うのだろう。……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード:学園 / 日常 / 懐かしい
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
蓮の花
 またとばっちりだ。いや、半分は自分の意思だけれど、人を放っておけないのは性分で自分でもコントロールできないことだから、やっぱりとばっちりだ。 ガムが合唱コンクールの練習を抜け出した。……
〈続きを読む〉
ジャンル:その他
キーワード:人間関係
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
プチギフト
 モーニングのトーストとゆで卵を食べ終わりコーヒーをすする。俺の他に客が居なくなるとマスターが声をかけてきた。 「四丁目の高橋さんとこの娘さん、結婚するらしいぜ」 「嫁に行くのか?」……
〈続きを読む〉
キーワード:家族 / 親子 / 懐かしい
小説の種類:ヴォイシーノベルズ
迎え火
 一九八九年。市営住宅の夏はやはり暑い。 僕の家はA棟からR棟まである市営大幸住宅のG棟にあった。四畳半と六畳の二間に、台所、便所、風呂だけの家。和式便所で、風呂にシャワーは付いていなかった。……
〈続きを読む〉
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort
Voicy Novels Cabinet