Voicy
Voicy
Voicy
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

キーワード : 人間関係

キーワード: / /
小説の種類:
干された絵筆たち
皆様初めまして。僕の個展に足を運んでいただいてありがとうございます。 個展をご覧になる前に少しだけ拙文にお付き合いください。 皆様のお目当てはズバリ一つ。日本画家コンクールにおいて、……
〈続きを読む〉
高三の二月の下旬。私は梅が好きだけど、今年は咲くなと願っていた。梅が咲くのは卒業式のころだから。咲けば卒業式がやってくる。そして卒業したらチカが地元を離れて東京の大学に行ってしまう。……
〈続きを読む〉
夜の繁華街
夏の夜の「錦三」は騒がしかった。香苗は夜の女性たちのための美容室でセットしてもらった髪を、何度も触って出来上がりを確認しながら、19時の開店に間に合うように急いでいた。初めて着物で出勤するのは、……
〈続きを読む〉
朗読:山下ゆり
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
夕焼けシルエットの男女
俺は走った。とにかく走った。そして、俺は敗れた。 息を整えながら無人のバス停に辿り着いた俺はスマートフォンを取り出して時間を確認する。 18時16分。 俺の通う大学は最寄りに電車の駅がなくてその代わりに……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: /
小説の種類:
紫陽花
 ここのところ、近代史演習のレポートを作成するべくせっせと鶴舞図書館へ通っている。電源使用可の机を確保したいので、開館前に到着するよう逆算して、家を出て最寄りの駅から赤い地下鉄車両に乗り込む。……
〈続きを読む〉
朗読:みやちともこ  
ジャンル:恋愛
キーワード:
小説の種類:
金時計
 例えば私が森の泉に住む女神様だったとしたら。 あなたが落としたのは金の斧ですか、それとも銀の斧ですか。そうやって君に問い詰める。 金の時計。名古屋市民ならこの場所で一度は待ち合わせしたことあると思う。……
〈続きを読む〉
高級レストラン
先日、妻のお父さんが84歳で亡くなった。 妻のお父さんは気配り上手で、傍から見ていても、よくそこまで気が付くなあと思わせる人であった。そのためそんなに他人に気を遣って生活していると長生きできないから、……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
私がまだ独身で会社勤めをしていた頃のことだから、30年以上は経っている。 日帰り出張で、近鉄T駅(名古屋市)に来ていた。時刻は午前7時前、相手との打ち合わせに遅れては失礼にあたると、……
〈続きを読む〉
朗読:白樺八青  
ジャンル:ホラー
キーワード: / /
小説の種類:
幼稚園の教室
 今この国は保育士不足であると、私がこの職に就く前からテレビで度々取り上げられていた。様々な要因があるらしいが、一番の問題は保護者からのクレーム対応ではないかと思う。 『先生…どういうことですか!?……
〈続きを読む〉
青空と田んぼ
 毎年お盆になると、母と一緒に叔父さんの家に行く。叔父さんの家は羽黒にあって、私の住んでいる名古屋の景色とは全然違う。ビルはなく、平屋が多くて、坂道がなくて川がある。田んぼや畑が広がっていて、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
ナポリタン
 11時45分。昼休み開始のベルがオフィス内に響き渡ると同時に、財布と携帯を手に取り私は駆け出した。 毎週水曜日、喫茶「ナポリ」の日替わり定食のメニューは、「ナポリタン定食、スープサラダドリンク付き、……
〈続きを読む〉
作者:
キーワード: / /
小説の種類:
茶器と茶筅
 紅葉が終わりかけの名古屋市南部の、とある神社の一角。 今月も、手水舎で清めのルーティンから。掬った水を掌にかけると、その冷たさで身が引き締まる。もう一度水を掬い、今度は口を清めようとするが、……
〈続きを読む〉
朗読:上田定行  
ジャンル:青春
キーワード: /
小説の種類:
たんぽぽの綿毛が飛んでいる
 うららかな陽気が、直射日光に変わる季節。春の終わりを告げる風は、たんぽぽの綿毛を揺らしました。じきに、綿毛たちが一斉に飛び立つ時間です。待ちわびた瞬間に、誰もが高ぶりました。ただひとりを除いて。……
〈続きを読む〉
菊の花
 中学生活も残すところあと3ヶ月とすこしになった12月の末のことだった。うっすらと線香の香りが漂う祖母の家の和室で、わたしは母に促されて座布団に座った。目の前には、……
〈続きを読む〉
食堂
 今年も年賀状を書く季節がやってきた。古いアドレス帳を見ながら女房が言う。「この松本市の杉原さんって方どなたなの?今まで一度も会ったこともなければ、年賀状や手紙が届いたことなどないし、……
〈続きを読む〉
朗読:大嶽隆司  
キーワード: / /
小説の種類:
菖蒲の花
 夢の続きはどうしたら見られるのだろう。 パタン、と本を落とした音でまどろみから覚める。 断続的な震動が続く平日昼間の電車内。湿気に曇った窓の向こうで、7月の雨に晒された田園風景が流れている。……
〈続きを読む〉
青空と桜の木
 近鉄の終点名古屋駅のホームに電車が着くと、人の群れが一斉に電車から押し出されてくる。 近鉄名古屋駅で流れているメロディは美しくて心細くて、私はそこに停まっている松阪行きや伊勢中川行きの急行に乗って三重に帰りたくなる。 ……
〈続きを読む〉
作者:
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
テレビ塔
 プロポーズするなら、この場所にしようとずっと昔から決めていた。名古屋のテレビ塔は1956年に竣工し、高さは180m、地上90mにスカイデッキがある。スカイデッキからは名古屋市街はもちろん、……
〈続きを読む〉
街なかのタクシー
 私はタクシーに乗り、行き先を告げる。運転手の名前に見覚えがあった。「もしかして、タケシか?」と聞いてみた。「やっぱりそうだよな」と運転手が笑顔でこちらを向いた。 東京から出張で実家近くの名古屋に来ていた。……
〈続きを読む〉
定食屋のカウンター
 ――ああ、まただ。こうなるんじゃないかと思ってた。「残念ながら、今回は落選ということで……」 予測していたとしてもショックは大きくて、選評を聞いたはずが内容はほとんど覚えていない。……
〈続きを読む〉
朗読:中田裕子  
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort