Voicy
Voicy
Voicy
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

カテゴリー : 恋愛

ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
マトリョーシカ
あれは昭和の終わりの出来事だった。  まだ、ドイツは東と西に分かれていたし、ロシアはソビエト連邦という国の一部であった。  私はある会社に勤めていた。経理課で事務仕事をしていて、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード:
小説の種類:
金時計
 例えば私が森の泉に住む女神様だったとしたら。 あなたが落としたのは金の斧ですか、それとも銀の斧ですか。そうやって君に問い詰める。 金の時計。名古屋市民ならこの場所で一度は待ち合わせしたことあると思う。……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード:
小説の種類:
陽が差し込んでいるカーテン
 古漬けの沢庵を細かく刻んで、ほかほかのご飯に混ぜる。 長辺が長めのタッパーにラップをしいて、青じその葉と、瓶入りの鮭フレークを底に敷き詰めるように入れる。 上から沢庵ご飯を、ぎゅうぎゅうに詰める。……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
ナポリタン
 11時45分。昼休み開始のベルがオフィス内に響き渡ると同時に、財布と携帯を手に取り私は駆け出した。 毎週水曜日、喫茶「ナポリ」の日替わり定食のメニューは、「ナポリタン定食、スープサラダドリンク付き、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: /
小説の種類:
公園のベンチ
 人並みに誰かを愛することなんて、僕には許されていなかったのさ。今から話すのは、そんな僕の、実るはずもない初恋の話だ。 その日僕は近所の公園のベンチに座っていてね、陽射しがぽかぽかと暖かくて、……
〈続きを読む〉
朗読:平野萩フリー
作者:
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
テレビ塔
 プロポーズするなら、この場所にしようとずっと昔から決めていた。名古屋のテレビ塔は1956年に竣工し、高さは180m、地上90mにスカイデッキがある。スカイデッキからは名古屋市街はもちろん、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード:
小説の種類:
パーティー会場のワイングラス
「ライン、聞いてもいいですか?」婚活パーティーに行く。何人かの女性と連絡先を交換する。ラインで一言二言やりとりする。それで終わり。誘っても既読がつかなくなったり、返事が返ってこなかったり。……
〈続きを読む〉
シャンパン
 熱田神宮の、奥のお社が、とにかくすごい。と、同僚から噂を聞き、わたしは早速翌朝、電車を乗り継いで、その場所へと向かった。 わたしは今、名古屋市内で会社員として働いていて、ある日、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
夫婦の後ろ姿
 私の女房は名古屋出身である。出会ってからすでに四半世紀を優に超えた。知り合ったきっかけは、私が勤めていた名古屋の接骨院に彼女が患者として来院したことである。その時彼女は23歳という若さで、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: /
小説の種類:
神社
「月の光も漏れない闇の森って言うから、どんな所かと思った」 歩道から神社への石段を上がりながら、直斗は拍子抜けしたように晃に言った。直斗と晃は、大学の同級生。同じ職場に就職している。……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
店頭に並ぶパン
 パンの激戦区、名古屋。その地元で従兄のおにいちゃんが脱サラしてパン屋になったと聞いた時、私は高校生だった。ほら、あなたが小学生の時、「コンビニのピロシキご馳走してくれた!」って喜んでたあのヒロシゲくんよ。……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
マスク
「女性必見! 小顔マスク」と書かれたポップを、目を細めてジッと見る。マスクをするとどうしても眼鏡が曇ってしまうため、今日も眼鏡を外していた。「マスクして袴着るってこと?……
〈続きを読む〉
朗読:岡本理沙フリー
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
ケーキのショーウィンドウ
 JR タカシマヤの地下にあるケーキ屋が僕の職場だった。 英語とフランス語が話せるのが決め手となって就職が決まったのはラッキーだったが、当時の僕はまだ日本語のヒアリングはできてもスピーキングには自信がなく、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード:
小説の種類:
名古屋港の夜景
 海に行きたいの、と彼女が言った時、僕はぎくりと身体が強張るのを感じた。なんで?と問いかけても、彼女は「とにかく行きたいから行きたいの。それじゃだめ?」なんて、逆に問い返してくる。解った。行こう。……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: /
小説の種類:
神社
「チカ、初詣行くぞ」 幼なじみのヒロからそう電話があったのは、昨日の夜9時頃だった。「はぁ~!? もうすぐ1月終わるんですけど」 「三密回避だよ。初詣の時期ずらせってテレビでも散々言ってただろ」 「それはそうだけど……」……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード:
小説の種類:
万年筆
 JR大曽根からすぐですよ、と教えられたその店は、本当に駅から5分もかからないような場所に、ひっそりと居を構えていた。『讃光堂』という看板が、『光を讃える』という名前通りに輝いているのが、……
〈続きを読む〉
休憩室の机
 失恋をした翌日の朝は、いつもより空気が澄んでいる。目元は、泣いた代償に腫れてしまっているけれど、気持ちはそこそこ、明るくなった。メイクをすればごまかせるだろう、そしてこれが、女子の特権。通勤路の紅葉も、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
レストラン
 同じ会社の彼と過ごすのは、毎日が驚きに溢れていた。 私は愛知県の中でも田舎の方に住んでいて、遊びに行く、なんて言えないほど周りにはなにもなかった。だから少しでも都会に行きたくて、名古屋にある企業に就職した。……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: /
小説の種類:
焼き鳥
 「30歳までに相手が居なかったら、君と結婚してあげよう。」 危うく、焼き鳥を気管に入れてしまうところだった。彼女はそんなボクにお構いなく、「檸檬サワー1つ!」と店員に頼んだ。 「はあ。冗談言うのはやめてくれよ。……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード:
小説の種類:
トランプ
 ボードにKが出た。俺の左に座った、メガネの爺さんの顔が、一瞬だけ明るくなった。だがすぐに、残念そうな表情に変わった。恐らく爺さんの手札にQがある。その前の反応と合わせて考えると、手札はAとQの筈だ。……
〈続きを読む〉
朗読:山口沙織フリー
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort