Voicy
Voicy
Voicy
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

検索ワード : ヴォイシーノベルズ

作者:
ジャンル:
キーワード:
小説の種類:
本棚
 仕事人間の父が、突然、「明日から休みをとったから、温泉でも行くか」 などと言い出したのだから、そりゃ何かあるんだろうとは思った。 高3の夏になっても志望校も決めずにいる僕にしびれを切らして、夜通し説教でもするつもりなのかと勘ぐったりもした。 だが、まるで違った。 「肺に腫瘍……悪性……母さんが……?」……
〈続きを読む〉
 
作者:
ジャンル:
キーワード:
小説の種類:
本棚
 仕事人間の父が、突然、「明日から休みをとったから、温泉でも行くか」 などと言い出したのだから、そりゃ何かあるんだろうとは思った。 高3の夏になっても志望校も決めずにいる僕にしびれを切らして、夜通し説教でもするつもりなのかと勘ぐったりもした。 だが、まるで違った。 「肺に腫瘍……悪性……母さんが……?」……
〈続きを読む〉
 
本棚
 仕事人間の父が、突然、「明日から休みをとったから、温泉でも行くか」 などと言い出したのだから、そりゃ何かあるんだろうとは思った。 高3の夏になっても志望校も決めずにいる僕にしびれを切らして、夜通し説教でもするつもりなのかと勘ぐったりもした。 だが、まるで違った。 「肺に腫瘍……悪性……母さんが……?」……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
干された絵筆たち
皆様初めまして。僕の個展に足を運んでいただいてありがとうございます。 個展をご覧になる前に少しだけ拙文にお付き合いください。 皆様のお目当てはズバリ一つ。日本画家コンクールにおいて、……
〈続きを読む〉
 古本屋で買った少し年季の入った料理本に一枚の写真がはさまれていた。今ではなかなかお目にかかれないセピア色の情景。昭和30年代頃の端午の節句の記念写真だろうか。兄妹らしき二人が正座をして写っている。……
〈続きを読む〉
ジャンル:その他
キーワード: / /
小説の種類:
 今から十数年前、勤めている会社が創立三十周年を迎えた。どういうわけか、私は記念行事式典の実行委員になってしまった。ちなみに、私はじゃんけんが弱い。名誉なことだが、少々面倒である。  しかし、やり始めたら、……
〈続きを読む〉
朗読:三日市弓子  
ジャンル:その他
キーワード: /
小説の種類:
犬の足跡
私が小学一年の時、母が犬を拾って帰って来た。 真っ黒な、とても可愛いとは思えない見窄らしい犬。腕の中でキューンとなく姿にさえ、同情できなかった。 きっと母は、仕事で忙しくて子供の相手をできないから、……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
グラウンドのスタートライン
母と妹が走る姿をとらえて、沿道から声援を送る。名古屋ウィメンズマラソンの序盤は、地下鉄桜通線に沿ったコースを走る。ゼッケンナンバーのアルファベット毎にグループを作って一斉にスタートするので、……
〈続きを読む〉
高三の二月の下旬。私は梅が好きだけど、今年は咲くなと願っていた。梅が咲くのは卒業式のころだから。咲けば卒業式がやってくる。そして卒業したらチカが地元を離れて東京の大学に行ってしまう。……
〈続きを読む〉
夜の繁華街
夏の夜の「錦三」は騒がしかった。香苗は夜の女性たちのための美容室でセットしてもらった髪を、何度も触って出来上がりを確認しながら、19時の開店に間に合うように急いでいた。初めて着物で出勤するのは、……
〈続きを読む〉
朗読:山下ゆり
ジャンル:その他
キーワード: /
小説の種類:
雨上がりの木漏れ日
今日の天気は雨。春はもうそこなのに桜は焦れったく、まだ咲く気配はない。天気予報で、傘を忘れないように教えられて、やっとあの新しい傘をさせる日が来たと心の中でガッツポーズ。多分この時から、……
〈続きを読む〉
朗読:水野詩織  
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
夕焼けシルエットの男女
俺は走った。とにかく走った。そして、俺は敗れた。 息を整えながら無人のバス停に辿り着いた俺はスマートフォンを取り出して時間を確認する。 18時16分。 俺の通う大学は最寄りに電車の駅がなくてその代わりに……
〈続きを読む〉
ジャンル:その他
キーワード:
小説の種類:
スーパーの商品棚
男は焦っていた。時計を確認する。19時45分を少し過ぎたころ。いつもとは違う番号の地下鉄の出口を抜けてそのまま信号を1つ渡ったところにあるのが男の目指す目的地だ。それにしても寒い。信号を待つ間男は手の平をすり合わせる。……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
マトリョーシカ
あれは昭和の終わりの出来事だった。  まだ、ドイツは東と西に分かれていたし、ロシアはソビエト連邦という国の一部であった。  私はある会社に勤めていた。経理課で事務仕事をしていて、……
〈続きを読む〉
キーワード:
小説の種類:
ビオラの花
「わたしも一緒ね」そう小さく呟いたの。枯れかけたビオラの花びらに触れる吉田さんの指先は、確かに皺皺でねえ。ママ、ここ最近、その時のことが頭から離れなくなっててさ。 吉田さんはついこないだ米寿のお祝いをしたばかりの、……
〈続きを読む〉
キーワード: /
小説の種類:
居酒屋
 人はなぜ働くのか。日々、会社の呑みの場や喫煙所で問いかけている。疲れからか瞳にほぼ生気が宿っていない同期曰く、食べていくため。活力全開といった様子で、爽やかに仕事をこなす優等生タイプの部下曰く、……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: /
小説の種類:
紫陽花
 ここのところ、近代史演習のレポートを作成するべくせっせと鶴舞図書館へ通っている。電源使用可の机を確保したいので、開館前に到着するよう逆算して、家を出て最寄りの駅から赤い地下鉄車両に乗り込む。……
〈続きを読む〉
朗読:みやちともこ  
キーワード:
小説の種類:
カフェ
 その台詞は聞き飽きたって。あんたとは同期だから、この施設に勤めて、七年目。お互い入社した年から、もうずっと、それ言ってるじゃん。介護士って「辞める」「今度こそ辞める」って普段から公言してる人ほど、……
〈続きを読む〉
介護施設のソファ
 うちのグループホームは施設長が相当な変わり者ですからね。何というか、ご両親に普通の高齢者介護を受けて頂きたいのであれば、他を探してもらったほうが無難かもしれません。こないだも私がちょっと目を離した隙に……
〈続きを読む〉
朗読:小山田里奈
キーワード:
小説の種類:
晴れた夏空
「あんた少しは大人になりなさい」 いつしか、母親にはそんなことを言われる年齢になっていた。さっきまで子供でいても許されていたのに、急に自立を促されるこの子供と大人の狭間の18歳。 「あなたは進学するの?……
〈続きを読む〉
朗読:扇谷裕子
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort