Voicy
Voicy
Voicy
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

キーワード : 仕事

夜の繁華街
夏の夜の「錦三」は騒がしかった。香苗は夜の女性たちのための美容室でセットしてもらった髪を、何度も触って出来上がりを確認しながら、19時の開店に間に合うように急いでいた。初めて着物で出勤するのは、……
〈続きを読む〉
朗読:山下ゆり
キーワード: /
小説の種類:
居酒屋
 人はなぜ働くのか。日々、会社の呑みの場や喫煙所で問いかけている。疲れからか瞳にほぼ生気が宿っていない同期曰く、食べていくため。活力全開といった様子で、爽やかに仕事をこなす優等生タイプの部下曰く、……
〈続きを読む〉
ジャンル:ホラー
キーワード: / /
小説の種類:
幼稚園の教室
 今この国は保育士不足であると、私がこの職に就く前からテレビで度々取り上げられていた。様々な要因があるらしいが、一番の問題は保護者からのクレーム対応ではないかと思う。 『先生…どういうことですか!?……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
エビフライの定食
昔、私が伏見のOLだったころの話。休日に納屋橋あたりをぶらついていると、古さびた雑居ビルに見慣れない定食屋があるのを見つけた。看板には、安っぽい筆字で「笑華亭」と書かれている。……
〈続きを読む〉
朗読:橘朱里
キーワード: / /
小説の種類:
寝転んでいるパンダ
 パンダって、なんかおっさんみたいだな。 なんでこんなに人気なんだろ。 就活のストレスを晴らしに動物園に来た。 いつもやたらと人気なことで有名なパンダ舎だけど、平日の閉園間際ということもあって人だかりのピークも過ぎているみたいだ。……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
甘夏の入ったソーダ
 店の経営が難しくなってきた。 誰でも気軽に田舎の味を楽しんでもらおうと、一念発起して大須にレトロな大衆食堂をオープンしたのが3年前。会社を辞めて、起業するには勇気がいったが、……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
虫メガネで手相を見ている
 衣替えもとうに終わり、来るべき夏の予定に人々が胸踊らせるそんな7月初旬の午後。ここ「ミント」には一時の涼を取ろうと薄着に身を包んだお客たちが続々と足を運んでいる。 「奈緒ちゃん、ナポリタンあがったよ。」……
〈続きを読む〉
パソコンとお菓子とマグカップ
 若さは無敵だ。 そんな当たり前の現実に直面し、40代半ばの私は、パソコンを前に、一人で勝手に打ちひしがれている。ふと、手元に視線を落とすと、マウスを動かす手の青い血管が目立つようになった気もするし、……
〈続きを読む〉
ジャンル:ファンタジー
キーワード: /
小説の種類:
ハートを射抜く矢
春は恋の季節だから、キューピットにとって一年で一番忙しい。それにもかかわらず、エリートのXは女に見とれてビルに激突して、あげくに入院してしまった。「あいつは何をやってるんだ! 二時に矢場町のホテルで仕事があるのに」……
〈続きを読む〉
ジャンル:歴史・時代
キーワード: / /
小説の種類:
着物を着た後ろ姿
 雨上がりの境内は、静寂に満ちていた。 熱田神宮の第一鳥居をくぐり、東に向かってまっすぐに歩く。足を踏み出すごとに砂が音をたて、熱田の杜に静かに響いた。 雨上がりの早朝ということもあって、……
〈続きを読む〉
朗読:光本基江
宇宙船
「こちらは宇宙貨物船ゴールデンオルカ号。これより月の重力圏を離脱し、地球の軌道に入る。メインブースターの点火まであと5分。軌道進入航路、チェック。必要推力、チェック」 私が名古屋市と月を結ぶ貨物船の船長に就いてから、……
〈続きを読む〉
ジャンル:SF
キーワード: / /
小説の種類:
暗い部屋
今夜を、人生最後の夜にしよう。 俺はそう決めると、ゆったりとベッドに横たわった。 全てを忘れて、ぐっすりと眠りに就こう。 そして明日の朝、俺はこの救い様のない世の中にオサラバする。……
〈続きを読む〉
キーワード: /
小説の種類:
サイクリングロード
 空はどこから始まるのだろう。空を仰ぎ見るたびにそう思う。遠くなったり、低くなったり、その距離は変幻自在だけれど、けして手が届くことはない。 星神社を左手に上る堤防道路への坂道で、……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
路地
 今日も仕事を終え、そのまま家路につく。そのつもりだったが、少しいつもと違う道で帰ろうとふと思った。いつもより早い時間に帰れたこともあるが、要は気晴らしがしたかったのだ。こうしたことは、たびたび自分の中でおこる。……
〈続きを読む〉
朗読:柘倫司
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
鬼まんじゅう
 ぼくは神奈川県の専門学校を卒業後、三河にあるソフトウエア会社に就職してプログラマーとして働き早3年経った。3年て言うキャリアは仕事に慣れてきて少しマンネリを感じ始める頃だ。……
〈続きを読む〉
公園
 「できたら遠慮してくれません?みんながあなたのこと怖がって一緒に働くのいやだっていうんだよね、今はちょっとのことでパワハラだって言われる時代だから」と上司に呼び出され離職を勧められた。……
〈続きを読む〉
夜の街
 その日、携帯電話を携帯していない、コトに気づいたのは、今池にある女性デザイナーさんのオフィスを出て20分ぐらいした、夜の11時近くだった。まだガラパゴスなどという郷愁のある分類すら存在しない時代。……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
介護士
 介護の仕事は大変です。夜勤明けのある朝のことでした。勤務終了前の巡回時、ある入所者さんの居室から芳しい匂いがします。 床には大きな排泄物が転がっていました。 さぁ、これを掃除して消毒すれば勤務終了、そう思った瞬間です。……
〈続きを読む〉
ジャンル:ホラー
キーワード: / /
小説の種類:
入道雲
 新しい就職先が決まった。その会社は名古屋の実家から通えるところで、仲田美咲は荷物と共に帰ってきていた。 窓のそばの街路樹では、セミが身をよじるようにして鳴いている。地下鉄の駅まで徒歩十分の住宅街。……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
柳橋中央卸売市場
十二月三十日。午前六時。名古屋駅から徒歩十分の柳橋中央卸売市場、マルナカショッピングセンターの中は、殺気をはらんだ喧騒に満ちていた。まだ陽も昇らぬ時間だというのに、ショッピングセンターの通路は買い物客で溢れかえっていた。……
〈続きを読む〉
朗読:末吉康治
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort