朗読者紹介 検索
Slider

カテゴリー

キーワード : ぼやき

ジャンル:その他
キーワード: / /
小説の種類:
 今から十数年前、勤めている会社が創立三十周年を迎えた。どういうわけか、私は記念行事式典の実行委員になってしまった。ちなみに、私はじゃんけんが弱い。名誉なことだが、少々面倒である。  しかし、やり始めたら、……
〈続きを読む〉
朗読:三日市弓子  
ジャンル:ファンタジー
キーワード: / /
小説の種類:
びわの木
 我が家の庭にはびわの木がある。僕が6歳のとき、学校の給食で出てきたびわの種を庭に植えたのだ。それから10年、びわの木はすっかり大きくなり、今も庭の一角を我が物顔で占領している。……
〈続きを読む〉
朗読:二瓶翔輔  
作者:
キーワード: / /
小説の種類:
茶器と茶筅
 紅葉が終わりかけの名古屋市南部の、とある神社の一角。 今月も、手水舎で清めのルーティンから。掬った水を掌にかけると、その冷たさで身が引き締まる。もう一度水を掬い、今度は口を清めようとするが、……
〈続きを読む〉
朗読:上田定行  
キーワード: / /
小説の種類:
芝生
 四月のある日、その日は天気がとても良かったのでコンビニで購入したお弁当を家の庭で昼ご飯として食べていた。バイト帰りなので十四時過ぎと遅めの昼ご飯。 暑くもなく、寒くもない丁度いい気候だった。……
〈続きを読む〉
ジャンル:コメディ
キーワード: /
小説の種類:
パトカー
 その夜は事件が起きた。 三十五年間、小さい失敗はしつつも社会には迷惑をかけずに生きてきたつもりだ。それでも複数の警官が私を見下ろしている。とうとう厄介ごとを起こしたのだ。「三十代と思われる男性、路上で倒れており……」……
〈続きを読む〉
キーワード: /
小説の種類:
サイクリングロード
 空はどこから始まるのだろう。空を仰ぎ見るたびにそう思う。遠くなったり、低くなったり、その距離は変幻自在だけれど、けして手が届くことはない。 星神社を左手に上る堤防道路への坂道で、……
〈続きを読む〉
モーニングセット
 仕事の日ならともかく、今年に入ってからと言うもの休みの日でも朝6時には目が覚める。記憶が確かなら、去年までは平気で昼過ぎまで寝ていたし、二度寝三度寝は当たり前。そろそろ起きるかと思った時にはすでに……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
名鉄名古屋駅
 大みそかの夜、私たちは名古屋で遊んだ後、初詣に向かった。名鉄名古屋駅から赤い電車に乗り込み神宮前駅に降り立ったのがすでに23時すぎ。新年は熱田神宮の人ごみの中で迎えた。 男女三人ずつの六人。……
〈続きを読む〉
ジャンル:その他
キーワード: / /
小説の種類:
カラオケのマイク
 言葉の下手な人間なのです。 そのくせ感情だけは人並み以上に溢れている。もっとも、それに気が付いたのもごく最近なのですが。 私がようやく見つけた日常で表現することができなかった感情を表に出せる手段、それがカラオケでした。……
〈続きを読む〉
名古屋城
「できるだけ名古屋を離れたく無いと思うんだよね。」 「ナンデ?ジモトヲハナレルノナンデイヤナノ。ソノカンガエカタワカラナイナァ。」 「ナゴヤノヒトハ ジモトヲハナレタガラナイヨネ。」……
〈続きを読む〉
朗読:山内庸平  
キーワード: / /
小説の種類:
柳橋中央卸売市場
十二月三十日。午前六時。名古屋駅から徒歩十分の柳橋中央卸売市場、マルナカショッピングセンターの中は、殺気をはらんだ喧騒に満ちていた。まだ陽も昇らぬ時間だというのに、ショッピングセンターの通路は買い物客で溢れかえっていた。……
〈続きを読む〉
朗読:末吉康治
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort
Voicy Novels Cabinet