Voicy
Voicy
Voicy
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

キーワード : 恋しい

ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
青空と太陽
 改札を出ると、潮の匂いがした。 この辺りに土地勘のない芽依はすぐ海が見えるだろうと思っていたのだが、視界にはいい具合にさびれた商店街しか入らない。 辺りを見回す。目の端に、人待ち顔の青年が映った。……
〈続きを読む〉
朗読:伊藤成美
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
ナポリタン
 11時45分。昼休み開始のベルがオフィス内に響き渡ると同時に、財布と携帯を手に取り私は駆け出した。 毎週水曜日、喫茶「ナポリ」の日替わり定食のメニューは、「ナポリタン定食、スープサラダドリンク付き、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: /
小説の種類:
公園のベンチ
 人並みに誰かを愛することなんて、僕には許されていなかったのさ。今から話すのは、そんな僕の、実るはずもない初恋の話だ。 その日僕は近所の公園のベンチに座っていてね、陽射しがぽかぽかと暖かくて、……
〈続きを読む〉
朗読:平野萩  
作者:
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
テレビ塔
 プロポーズするなら、この場所にしようとずっと昔から決めていた。名古屋のテレビ塔は1956年に竣工し、高さは180m、地上90mにスカイデッキがある。スカイデッキからは名古屋市街はもちろん、……
〈続きを読む〉
ジャンル:ファンタジー
キーワード:
小説の種類:
テレビ塔を見上げる
 水筒から元カレが出てきた。 本当のことだけど、信じられない。 ついさっき、部屋の大掃除を始めたら、クローゼットの奥からなぜか水筒が出てきて、これって新品かな?と思って蓋を開けた。そうしたら、なんと、……
〈続きを読む〉
シャンパン
 熱田神宮の、奥のお社が、とにかくすごい。と、同僚から噂を聞き、わたしは早速翌朝、電車を乗り継いで、その場所へと向かった。 わたしは今、名古屋市内で会社員として働いていて、ある日、……
〈続きを読む〉
作者:
キーワード: /
小説の種類:
たくさんのブローチとペンダント
 大須へ行くときにはルールがある。 大須観音駅の2番出口を出たら大須観音の前を通らずに必ず一つそれた道、東仁王門通りへつながる道を通って大須へと入っていく。なんで、ときかれてもなんでなのか自分でも実はよく分からない。……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
天むす
「まりちゃん! 私、就職決まったよ!」 「そうなんや、おめでとう! どこに住むことになるん?」 「名古屋!」  名古屋へ行くのは、生まれて初めてだった。とりあえず、おいしいものを食べて、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: /
小説の種類:
神社
「月の光も漏れない闇の森って言うから、どんな所かと思った」 歩道から神社への石段を上がりながら、直斗は拍子抜けしたように晃に言った。直斗と晃は、大学の同級生。同じ職場に就職している。……
〈続きを読む〉
剣道
 垂れネームを忘れた。まずい。剣道部に入ってから今まで一度も忘れ物をしたことがなかったのに、最後の最後、大事な大会の日に忘れるなんて……。よりによって、替えがきかないやつを。……
〈続きを読む〉
ジャンル:ファンタジー
キーワード: / /
小説の種類:
水族館の大水槽
 娘が水族館に行きたいと言った。 「よーし、じゃあ、今から行こう!」 夫は張り切って車を出す。 「ママも水族館大好きなんだよなあ」 夫は結婚する前のことを言いだした。わたしたちはいつも水族館で会っていたのだ。……
〈続きを読む〉
朗読:浦麗
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
店頭に並ぶパン
 パンの激戦区、名古屋。その地元で従兄のおにいちゃんが脱サラしてパン屋になったと聞いた時、私は高校生だった。ほら、あなたが小学生の時、「コンビニのピロシキご馳走してくれた!」って喜んでたあのヒロシゲくんよ。……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
マスク
「女性必見! 小顔マスク」と書かれたポップを、目を細めてジッと見る。マスクをするとどうしても眼鏡が曇ってしまうため、今日も眼鏡を外していた。「マスクして袴着るってこと?……
〈続きを読む〉
朗読:岡本理沙
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
カメラ
 あれはもう三年前のことで、しかもちょうどこのバレンタインの時期で、僕は大学三年生だった。周りが就活を始め、僕も重い腰を上げ大学の相談窓口に赴いたときだった。特に夢も就きたい職もなく、話を聞いてもどれもしっくりこなかった。……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
スーパーのお弁当
 「どうしていまさら映画なんか観に行かなきゃいけないの?」 今日も見舞いに行った私に、妻はそう言った。 「だから、言っただろう。スーパーの福引きで当たったんだよ」 「それにしたって。体調も良くないし」……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
花屋
 歩美がコンビニで働きはじめて2年がたった。ビジネス街の中ということもあって、昼時や夕方は忙しい。 ある日の夕方、お客さんがペットボトルを持ってきてレジ前に置いた。「いらっしゃいませ。2点で302円です」「はい、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
ケーキのショーウィンドウ
 JR タカシマヤの地下にあるケーキ屋が僕の職場だった。 英語とフランス語が話せるのが決め手となって就職が決まったのはラッキーだったが、当時の僕はまだ日本語のヒアリングはできてもスピーキングには自信がなく、……
〈続きを読む〉
ジャンル:ファンタジー
キーワード: / /
小説の種類:
日の差し込む部屋
 あの日、お母さんは僕に言った。 「ひとりで生きていくことを選ぶのも、誰かを選んで人と一緒に生きていくことも、多分どっちも幸せだ」って。 「私はひとりで生きていくことを選んだけど、あなたも自分で決めなさい」って。……
〈続きを読む〉
ジャンル:SF
キーワード: / /
小説の種類:
宇宙
 ダサシスト星から交換留学生リクタがやってきた。あたしのゼミに参加しやがった。ただでさえカレシのファスがイシュリア星に派遣されているのに、この男、あたしに言い寄るんだ。イシュリア星は三八二光年の彼方。……
〈続きを読む〉
ジャンル:その他
キーワード: / /
小説の種類:
カラオケのマイク
 言葉の下手な人間なのです。 そのくせ感情だけは人並み以上に溢れている。もっとも、それに気が付いたのもごく最近なのですが。 私がようやく見つけた日常で表現することができなかった感情を表に出せる手段、それがカラオケでした。……
〈続きを読む〉
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort