Voicy
Voicy
Voicy
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

キーワード : 学園

高三の二月の下旬。私は梅が好きだけど、今年は咲くなと願っていた。梅が咲くのは卒業式のころだから。咲けば卒業式がやってくる。そして卒業したらチカが地元を離れて東京の大学に行ってしまう。……
〈続きを読む〉
作者:
ジャンル:ファンタジー
キーワード:
小説の種類:
道を歩く鳩
 朝の通学路で鳩が死んでいた。車に轢かれたのだ。時間が経って赤黒い塊になってしまったそれは、確かに鳩だった。土鳩特有のピンクの足だけが鮮やかなままだった。 なぜよりによって朝から。……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
蓮の花
 またとばっちりだ。いや、半分は自分の意思だけれど、人を放っておけないのは性分で自分でもコントロールできないことだから、やっぱりとばっちりだ。 ガムが合唱コンクールの練習を抜け出した。……
〈続きを読む〉
青空と桜の木
 近鉄の終点名古屋駅のホームに電車が着くと、人の群れが一斉に電車から押し出されてくる。 近鉄名古屋駅で流れているメロディは美しくて心細くて、私はそこに停まっている松阪行きや伊勢中川行きの急行に乗って三重に帰りたくなる。 ……
〈続きを読む〉
ジャンル:ホラー
キーワード: / /
小説の種類:
踏切
 「あそこの踏切の近く、幽霊出るらしいよ」ミナトが言った。 えー、とみんなが笑う。 でも僕は、ミナトが言うならそうなんじゃないかなって思った。 お調子者のアルマとかシオンが言うなら、……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
学校の教室
 ぼくは、母に連れられて広島から名古屋にやってきた。小学校4年生の時の話だ。母は父と笑ってわかれ、二度と会わないと言い切った。ぼくに「ごめんね」と謝った。大人の事情だからと、かんたんに片づけられた。……
〈続きを読む〉
朗読:憲俊SCANP
田舎の風景
 高校を卒業して看護短大への進学が決まった私は、迷わず入寮を希望した。 一宮市在住の私にとって、名古屋市内の学校は通学圏内だったが、当時私は一刻も早く家から出たかった。 母子家庭の上に母親と折り合いの悪かった私にとって、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: /
小説の種類:
神社
「チカ、初詣行くぞ」 幼なじみのヒロからそう電話があったのは、昨日の夜9時頃だった。「はぁ~!? もうすぐ1月終わるんですけど」 「三密回避だよ。初詣の時期ずらせってテレビでも散々言ってただろ」 「それはそうだけど……」……
〈続きを読む〉
空港のスカイデッキ
 右も左もわからない空港を、買ってもらったばかりのスマホを片手に走る。財布にありったけのお小遣いを詰めてセーラー服のまま学校を飛び出した平日の昼間。そのままの恰好の自分がやけに目立っているような気がした。……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
卒業証書
 モヤモヤとした十八歳の春だった。卒業式の翌日だ。 愛知の日比谷高校と言われる超進学校に合格した入学式の日から、あっという間の三年だった。 初めて教室に入ったとき、机の上に「三里塚闘争を支援しよう」というわら半紙のビラが置いてあった。……
〈続きを読む〉
朗読:しなこ劇団サラダ
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort