Slider

カテゴリー

検索ワード : は行

キーワード:
小説の種類:
ビオラの花

あらすじ

「わたしも一緒ね」そう小さく呟いたの。枯れかけたビオラの花びらに触れる吉田さんの指先は、確かに皺皺でねえ。ママ、ここ最近、その時のことが頭から離れなくなっててさ。 吉田さんはついこないだ米寿のお祝いをしたばかりの、……
〈続きを読む〉
作者:
ジャンル:ファンタジー
キーワード:
小説の種類:
道を歩く鳩

あらすじ

 朝の通学路で鳩が死んでいた。車に轢かれたのだ。時間が経って赤黒い塊になってしまったそれは、確かに鳩だった。土鳩特有のピンクの足だけが鮮やかなままだった。 なぜよりによって朝から。……
〈続きを読む〉
ジャンル:ホラー
キーワード: / /
小説の種類:
お内裏様とお雛様

あらすじ

我が家には、代々伝わる雛人形がある。とても立派な七段飾りで、私の祖母の時代からあったその人形は、今は私の八歳の娘のために飾られている。長い時代を生き抜いてきたお人形たちは、令和の今も変わらず凛とした威厳をたたえて、……
〈続きを読む〉
ジャンル:ファンタジー
キーワード: / /
小説の種類:
びわの木

あらすじ

 我が家の庭にはびわの木がある。僕が6歳のとき、学校の給食で出てきたびわの種を庭に植えたのだ。それから10年、びわの木はすっかり大きくなり、今も庭の一角を我が物顔で占領している。……
〈続きを読む〉
朗読:二瓶翔輔  
青空と田んぼ

あらすじ

 毎年お盆になると、母と一緒に叔父さんの家に行く。叔父さんの家は羽黒にあって、私の住んでいる名古屋の景色とは全然違う。ビルはなく、平屋が多くて、坂道がなくて川がある。田んぼや畑が広がっていて、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード: /
小説の種類:
公園のベンチ

あらすじ

 人並みに誰かを愛することなんて、僕には許されていなかったのさ。今から話すのは、そんな僕の、実るはずもない初恋の話だ。 その日僕は近所の公園のベンチに座っていてね、陽射しがぽかぽかと暖かくて、……
〈続きを読む〉
朗読:平野萩  
キーワード: /
小説の種類:
自転車置き場

あらすじ

平日の朝、鶴舞に来るのは久しぶりだ。桜は満開に近いが、人はまばらだ。徹夜で場所取りをしている人の姿もない。平成二十四年当時、私は鶴舞駅から徒歩二十分のオフィスで働いていた。……
〈続きを読む〉
朗読:松本広子
作者:
キーワード: /
小説の種類:
窓辺

あらすじ

少女が近づく。 「わたし、これがいい!」 弾んだ声とともに、少女は私を抱きかかえた。 「これ、ください。」 私は少女の手を離れ、大人の大きな手の上に乗った。 「いらっしゃいませ。」 その人は、お客さんが来るといつも笑顔だった。 しかし、私は知っている。……
〈続きを読む〉
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort
Voicy Novels Cabinet