Voicy
Voicy
Voicy
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

検索ワード : フリー

new
仙人
作者:
ジャンル:ファンタジー
キーワード:
小説の種類:
 皆さん。私は今大阪にいます、ですから大阪の話をしましょう。 昔、大阪の町へ奉公に来た男がありました。名は何と云ったかわかりません。ただ飯炊奉公に来た男ですから、権助とだけ伝わっています。……
〈続きを読む〉
演出:鏡味富美子フリー
朗読:入馬券フリー
   好姫フリー
ジャンル:ホラー
キーワード:
小説の種類:
 ある日の事でございます。御釈迦様(おしゃかさま)は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮の花は、みんな玉のようにまっ白で、……
〈続きを読む〉
演出:八代将弥16号室
朗読:上田定行フリー
   中田裕子フリー
ジャンル:歴史・時代
キーワード:
小説の種類:
春の日暮です。 唐の都洛陽(らくよう)の西の門の下に、ぼんやり空を仰いでいる、一人の若者がありました。 若者は名は杜子春(とししゅん)といって、金持の息子でしたが、……
〈続きを読む〉
ジャンル:その他
キーワード: / /
小説の種類:
 今から十数年前、勤めている会社が創立三十周年を迎えた。どういうわけか、私は記念行事式典の実行委員になってしまった。ちなみに、私はじゃんけんが弱い。名誉なことだが、少々面倒である。  しかし、やり始めたら、……
〈続きを読む〉
朗読:三日市弓子フリー
作者:
キーワード: / /
小説の種類:
茶器と茶筅
 紅葉が終わりかけの名古屋市南部の、とある神社の一角。 今月も、手水舎で清めのルーティンから。掬った水を掌にかけると、その冷たさで身が引き締まる。もう一度水を掬い、今度は口を清めようとするが、……
〈続きを読む〉
朗読:上田定行フリー
ジャンル:恋愛
キーワード: /
小説の種類:
公園のベンチ
 人並みに誰かを愛することなんて、僕には許されていなかったのさ。今から話すのは、そんな僕の、実るはずもない初恋の話だ。 その日僕は近所の公園のベンチに座っていてね、陽射しがぽかぽかと暖かくて、……
〈続きを読む〉
朗読:平野萩フリー
キーワード: /
小説の種類:
食堂
 今年も年賀状を書く季節がやってきた。古いアドレス帳を見ながら女房が言う。「この松本市の杉原さんって方どなたなの?今まで一度も会ったこともなければ、年賀状や手紙が届いたことなどないし、……
〈続きを読む〉
朗読:大嶽隆司フリー
ジャンル:その他
キーワード: / /
小説の種類:
花にとまるモンシロチョウ
 昨日までの雨が上がって空は青く澄んでいる。洗濯物を干しながら5階のベランダから下を覗くと、中庭の公園で遊んでいる子供達の姿が見えた。数か月前保育士を定年退職した私にとって、……
〈続きを読む〉
朗読:柴田早苗フリー
定食屋のカウンター
 ――ああ、まただ。こうなるんじゃないかと思ってた。「残念ながら、今回は落選ということで……」 予測していたとしてもショックは大きくて、選評を聞いたはずが内容はほとんど覚えていない。……
〈続きを読む〉
朗読:中田裕子フリー
キーワード: / /
小説の種類:
虫メガネで手相を見ている
 衣替えもとうに終わり、来るべき夏の予定に人々が胸踊らせるそんな7月初旬の午後。ここ「ミント」には一時の涼を取ろうと薄着に身を包んだお客たちが続々と足を運んでいる。 「奈緒ちゃん、ナポリタンあがったよ。」……
〈続きを読む〉
朗読:田村早紀フリー
ジャンル:ファンタジー
キーワード: / /
小説の種類:
田んぼの中にある鳥居
私は今、死ぬために、まっすぐな田んぼ道を歩いてる。この先には線路があり、そこを目指していた。清々しい晴天が恨めしかった。 昔から要領が悪かった。何もかも上手くいった記憶はなく、周りとの差を感じ、常に劣等感を抱いていた。……
〈続きを読む〉
朗読:成田けいフリー
青空と名古屋城
「名古屋って特に何もないしなぁ」 まただ。 俺は何度も聞いたセリフに辟易した。大体予想はしていたものの、こう何度も続くと名古屋に来たのは間違いだったのではないかという気さえしてくるってもんだ。……
〈続きを読む〉
朗読:福田勝明フリー
梅酒の入ったグラス
カラン なんの音だろうと思った。 職業柄、耳はいいほうだ。コンサート終わりにひっそりと慎ましやかに一人居酒屋で乾杯をしていた私は、聞きなれない音を耳にして首を傾げた。……
〈続きを読む〉
朗読:高橋幸誠フリー
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
マスク
「女性必見! 小顔マスク」と書かれたポップを、目を細めてジッと見る。マスクをするとどうしても眼鏡が曇ってしまうため、今日も眼鏡を外していた。「マスクして袴着るってこと?……
〈続きを読む〉
朗読:岡本理沙フリー
ジャンル:歴史・時代
キーワード: / /
小説の種類:
古い人物写真
 天保六年、十一代将軍家斉の治世下。年の瀬も押し迫った師走の昼下がりのことだった。 美濃国高須三万石、松平摂津守江戸屋敷内の剣術道場では、少年剣士たちの稽古が行われていた。その中の一人、……
〈続きを読む〉
朗読:原田邦英フリー
ジャンル:その他
キーワード: /
小説の種類:
高原
 別れ話とわかった瞬間、ミナミは腹が立って何も言わずに電話を切った。アプリで知り合って半年、今度こそうまくいくと思っていたのに。もう耐えられないんだったら早く言えよ。スマホで新しい男を検索しても、……
〈続きを読む〉
朗読:石黒真実フリー
キーワード: /
小説の種類:
雪の降る山
 闇の中で赤い炎と白く凍る吐息だけが色を添える貸し切り状態の季節外れのキャンプ場。 後方から鼾が聞こえる。酔っ払った武藤がテントの中で寝ているのだ。 キャンプ場のチェックイン時にオーナーが言った通り、……
〈続きを読む〉
朗読:今藤裕之フリー
ジャンル:その他
キーワード:
小説の種類:
神社の境内
 呼ばれている気がしたから。そう姉は言った。呆然としている僕を前にして、「だから来ちゃった」と笑った姉は、そうして僕の隣に腰を下ろした。 両親が離婚して以来、離れて暮らしていた姉だ。……
〈続きを読む〉
朗読:石黒真実フリー
キーワード: / /
小説の種類:
真夜中の駅
 あの時、ぐっすり寝ている、まだ小さな子どもの私を起こしたのは、母だった。 「起きて。着替えて」 居間には、既に私の衣服が並べられていた。 「さっ、早く。出掛けるよ」 寝ぼけ眼で、ズック靴を履いた。 ……
〈続きを読む〉
朗読:いのこ福代フリー
ジャンル:恋愛
キーワード:
小説の種類:
トランプ
 ボードにKが出た。俺の左に座った、メガネの爺さんの顔が、一瞬だけ明るくなった。だがすぐに、残念そうな表情に変わった。恐らく爺さんの手札にQがある。その前の反応と合わせて考えると、手札はAとQの筈だ。……
〈続きを読む〉
朗読:山口沙織フリー
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort