朗読者紹介 検索
Slider

カテゴリー

検索ワード : 劇団あおきりみかん

作者:
ジャンル:ファンタジー
キーワード:
小説の種類:
道を歩く鳩
 朝の通学路で鳩が死んでいた。車に轢かれたのだ。時間が経って赤黒い塊になってしまったそれは、確かに鳩だった。土鳩特有のピンクの足だけが鮮やかなままだった。 なぜよりによって朝から。……
〈続きを読む〉
ジャンル:ホラー
キーワード: / /
小説の種類:
お内裏様とお雛様
我が家には、代々伝わる雛人形がある。とても立派な七段飾りで、私の祖母の時代からあったその人形は、今は私の八歳の娘のために飾られている。長い時代を生き抜いてきたお人形たちは、令和の今も変わらず凛とした威厳をたたえて、……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード:
小説の種類:
陽が差し込んでいるカーテン
 古漬けの沢庵を細かく刻んで、ほかほかのご飯に混ぜる。 長辺が長めのタッパーにラップをしいて、青じその葉と、瓶入りの鮭フレークを底に敷き詰めるように入れる。 上から沢庵ご飯を、ぎゅうぎゅうに詰める。……
〈続きを読む〉
作者:
キーワード: /
小説の種類:
たくさんのブローチとペンダント
 大須へ行くときにはルールがある。 大須観音駅の2番出口を出たら大須観音の前を通らずに必ず一つそれた道、東仁王門通りへつながる道を通って大須へと入っていく。なんで、ときかれてもなんでなのか自分でも実はよく分からない。……
〈続きを読む〉
モーニングセット
 仕事の日ならともかく、今年に入ってからと言うもの休みの日でも朝6時には目が覚める。記憶が確かなら、去年までは平気で昼過ぎまで寝ていたし、二度寝三度寝は当たり前。そろそろ起きるかと思った時にはすでに……
〈続きを読む〉
古墳
「ねぇ、この民族雑貨はどうなの」 姉は額(ひたい)から流れる汗を不快げに拭った。溶けたメイクと疲れきった顔は20代の姉をおばさん化させている。「うーん。彼女似合わないよ」「もぉ。せっかく選んであげているのに」……
〈続きを読む〉
空港のスカイデッキ
 右も左もわからない空港を、買ってもらったばかりのスマホを片手に走る。財布にありったけのお小遣いを詰めてセーラー服のまま学校を飛び出した平日の昼間。そのままの恰好の自分がやけに目立っているような気がした。……
〈続きを読む〉
大須のアーケード
 地下鉄栄駅のホームに降りたとき、スマホが震えた。シンゴからだ。端に寄り、着信ボタンを押す。 「急に彼女とデートに行くことになってさ。今日の予定はナシってことで」 どういうことかと問いかけたが、通信状況が悪いのか要領を得ない。……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: /
小説の種類:
コアラ
 一週間前、東京の大学の同期の國村からメールがあった。 「今度、名古屋に行くから会わないか」と。意外だった。國村はなんとなく一緒にいた仲間のひとりで、どちらかといえば、僕はあいつが苦手だった。……
〈続きを読む〉
作者:
キーワード: / /
小説の種類:
夜道
「今月いっぱいで辞めてもらいたい。」 突然の宣告だった。なんとなく決めた、ガールズバーのバイト。特別熱心に営業をしていたわけではないけど、私なりに一生懸命働いてきたつもりだった。働いて3年目になろうとしていた。……
〈続きを読む〉
キーワード:
小説の種類:
本棚
 仕事人間の父が、突然、「明日から休みをとったから、温泉でも行くか」 などと言い出したのだから、そりゃ何かあるんだろうとは思った。 高3の夏になっても志望校も決めずにいる僕にしびれを切らして、夜通し説教でもするつもりなのかと勘ぐったりもした。 だが、まるで違った。 「肺に腫瘍……悪性……母さんが……?」……
〈続きを読む〉
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort
Voicy Novels Cabinet