Slider

カテゴリー

検索ワード : 劇団シアター・ウィークエンド

あらすじ

 古本屋で買った少し年季の入った料理本に一枚の写真がはさまれていた。今ではなかなかお目にかかれないセピア色の情景。昭和30年代頃の端午の節句の記念写真だろうか。兄妹らしき二人が正座をして写っている。……
〈続きを読む〉
芝の上にある野球ボール

あらすじ

 本当は逆なんじゃなかろうか。両手をメガホンにして声を張り上げていた私は、ふと我に返った。目の前で繰り広げられるプロ野球の試合に熱狂的な声援を送る私。その隣の席で熱心に本を読みふける父親。……
〈続きを読む〉
公園のベンチに座るおばあさん

あらすじ

 公園の陽だまりに、おばあさんが一人。 ある春の澄んだ陽気、こぢんまりとした公園のベンチに腰掛けて、ぽつねん。子どもたちはボールを追って駆け回り、主婦たちは犬を連れて立ち話に花を咲かせている。……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: / /
小説の種類:
桜の木

あらすじ

 小学校からの帰り道、春の訪れを感じさせる風がサッと吹いて、桜の花びらが数枚足元に舞い落ちると、私はランドセルを背負っているのも忘れるほど、一生懸命走って自宅に戻り、キッチンでホットケーキなどを焼いている母にまとわりついたものでした。……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
どて煮

あらすじ

「今日、いいもの作ったよ」 妻が『はにかむ』というよりは、『にやにや』した表情でつぶやく。ここで言う『つぶやく』とは、あえて小声で話して興味を引こうとしているだけであって、本当の独り言ではない。……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
スーパーのお弁当

あらすじ

 「どうしていまさら映画なんか観に行かなきゃいけないの?」 今日も見舞いに行った私に、妻はそう言った。 「だから、言っただろう。スーパーの福引きで当たったんだよ」 「それにしたって。体調も良くないし」……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
スマートフォン

あらすじ

「やっほー、元気?」 スマホに映る加奈に手を振った。加奈は疲れた表情で口元だけで笑った。 加奈は看護師だ。子どもが幼いこともあり、今は総合病院で外来患者の診察時間のみ勤務している。……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
画用紙に描いた絵

あらすじ

 職場とウィークリーマンションの往復生活が始まって何週間が過ぎただろうか── 疲れすぎてお風呂に入るのも億劫だ。 アルコール消毒をし過ぎた手は所々が赤くなっている。 「あ、電話しなきゃ──」……
〈続きを読む〉
ジャンル:青春
キーワード: /
小説の種類:
舞台照明

あらすじ

舞台上手袖は、奇妙な緊張感に包まれていた。上手袖だけではない。客席を含めた劇場全体が、緊張感に包まれていた。待機しているキャスト、スタッフもみな神妙な面持ちをしている。本番開始五分前なのは勿論おおきな理由としてあるだろう。……
〈続きを読む〉
AllEscort
Voicy Novels Cabinet