Voicy
Voicy
Voicy
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

検索ワード : き

ジャンル:ファンタジー
キーワード:
小説の種類:
去年の木
 いっぽんの木と、一羽の小鳥とは大変仲良しでした。小鳥はいちんちその木の枝で歌をうたい、木はいちんちじゅう小鳥の歌を聞いていました。ピーチュル・ピーチュル・ピー・ピーチュル・ピーチュル・チュルルル……
〈続きを読む〉
ジャンル:恋愛
キーワード:
小説の種類:
金時計
 例えば私が森の泉に住む女神様だったとしたら。 あなたが落としたのは金の斧ですか、それとも銀の斧ですか。そうやって君に問い詰める。 金の時計。名古屋市民ならこの場所で一度は待ち合わせしたことあると思う。……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
スーパーのお弁当
 「どうしていまさら映画なんか観に行かなきゃいけないの?」 今日も見舞いに行った私に、妻はそう言った。 「だから、言っただろう。スーパーの福引きで当たったんだよ」 「それにしたって。体調も良くないし」……
〈続きを読む〉
ジャンル:ファンタジー
キーワード:
小説の種類:
噴水
 「あんたは小さい頃から方向音痴だ」 母に言われて初めて気がついた。 そう言われれば、子供会で行ったアスレチックでも迷子になったし、巨大迷路からは二時間たっても出られなかったし、中学二年生のとき通学路を一本間違えて曲がって……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
JR名古屋駅
 残業して疲れた体で夜八時過ぎに家に戻ると、姉が居間にいた。姉は目が合うと、片手を上げて「お帰りなさい。おじゃましてます」と言った。 僕より三歳上の姉は十年前に結婚して、今は義兄の転勤で東京に住んでいる。……
〈続きを読む〉
朗読:園田裕史舞夢プロ
キーワード: /
小説の種類:
満員電車
 誰だって満員電車は嫌だと思う。いまの職場に勤めて4年、どんな嬉しい日も、ホームに飛びこんでくる満員電車を見るとげんなりする。何も考えない。僕はただの石だ。ただの石が満員電車に揺られるだけ。だから、休みの日くらい、……
〈続きを読む〉
朗読:youu-ji演劇人冒険舎
ジャンル:恋愛
キーワード: / /
小説の種類:
レストラン
 同じ会社の彼と過ごすのは、毎日が驚きに溢れていた。 私は愛知県の中でも田舎の方に住んでいて、遊びに行く、なんて言えないほど周りにはなにもなかった。だから少しでも都会に行きたくて、名古屋にある企業に就職した。……
〈続きを読む〉
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort