Slider

カテゴリー

キーワード : 切ない

キーワード: / /
小説の種類:
線香花火

あらすじ

 「いなたい」 ステージを覗きながら健次が言う。「いなたいね」私はそう言いながらにやりと笑って、後ろを向いた健次と目を合わせる。楽屋は私達だけだった。灰皿の上に置かれた煙草の今にも消えそうな火が、眩しく光っている。……
〈続きを読む〉
プラネタリウム

あらすじ

 小学五年生だった。名古屋市の科学館が主催の天文クラブに入っていた。一ヶ月に一度、プラネタリウムを無料で見せてくれる。そこで知り合ったのが明子ちゃんだ。席が隣になったのがきっかけ。それから毎月、……
〈続きを読む〉
ジャンル:コメディ
キーワード: / /
小説の種類:
ケアハウス

あらすじ

 「ねえちゃんに夕方から何べんも電話しとるけど…そっちに行っとる?」叔父からの電話だった。「また受話器はずれとるんだわ。すみません、今見てきます。おじさんお元気そうですね。」部屋着のまま、……
〈続きを読む〉
空港のスカイデッキ

あらすじ

 右も左もわからない空港を、買ってもらったばかりのスマホを片手に走る。財布にありったけのお小遣いを詰めてセーラー服のまま学校を飛び出した平日の昼間。そのままの恰好の自分がやけに目立っているような気がした。……
〈続きを読む〉
クリスタル広場

あらすじ

 栄地下のど真ん中にあるクリスタル広場。わたしは30年前、よくここを東から西へ往来した。バレエを習うためだ。中日ビルの脇の格安の駐車場に車を停めて、地下街の東の端から西の端へ行くためにここを通過するのだ。……
〈続きを読む〉
ジャンル:その他
キーワード:
小説の種類:
神社の境内

あらすじ

 呼ばれている気がしたから。そう姉は言った。呆然としている僕を前にして、「だから来ちゃった」と笑った姉は、そうして僕の隣に腰を下ろした。 両親が離婚して以来、離れて暮らしていた姉だ。……
〈続きを読む〉
朗読:石黒真実  
作者:
キーワード: /
小説の種類:
晴れ空

あらすじ

 線路脇には川が流れていて、その横に植えられた木々が緑色に息づいている。 午後1半過ぎの散歩者は、老人やベビーカーを押した母親と小さな赤ん坊、それから僕。遊歩道は石畳になっていて、へこんだところに昨日の雨の余韻が残る。……
〈続きを読む〉
作者:
ジャンル:その他
キーワード: /
小説の種類:
蜂の巣

あらすじ

 僕達は、集合住宅に仲良く住む住人だ。気付いた時には、僕と同じくらいの幼い子供や、赤ちゃんがこの住宅にたくさん居て、とても賑やかだった。大人達は忙しく働いている。お互い争うことなどなく、気持ちの優しい方ばかりだ。……
〈続きを読む〉
ジャンル:ファンタジー
キーワード: / /
小説の種類:
体育倉庫

あらすじ

 「モリー」 体育倉庫に駆け込むと、美玖は息を整えながら呼びかけた。すると跳び箱の隅の影が微かに揺れる気配がして、美玖はホッとした。影に近づき、膝を抱えて座り込む。走って来たせいですぐに話し始める事ができず、……
〈続きを読む〉
キーワード: / /
小説の種類:
真夜中の駅

あらすじ

 あの時、ぐっすり寝ている、まだ小さな子どもの私を起こしたのは、母だった。 「起きて。着替えて」 居間には、既に私の衣服が並べられていた。 「さっ、早く。出掛けるよ」 寝ぼけ眼で、ズック靴を履いた。 ……
〈続きを読む〉
朗読:いのこ福代  
公園

あらすじ

 「できたら遠慮してくれません?みんながあなたのこと怖がって一緒に働くのいやだっていうんだよね、今はちょっとのことでパワハラだって言われる時代だから」と上司に呼び出され離職を勧められた。……
〈続きを読む〉
ジャンル:歴史・時代
キーワード: / /
小説の種類:
中古車

あらすじ

 「自分の年齢を考えれば仕方の無いことだ。」 何度も何度も自分に言い聞かせながら、近所の中古車屋さんで待たされている。 「もう歳も歳なんだから、いい加減手放しなさい。」そう家内に言われて、……
〈続きを読む〉
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort
Voicy Novels Cabinet