Slider

カテゴリー

検索ワード : いのこ福代

キーワード: / /
小説の種類:
真夜中の駅

あらすじ

 あの時、ぐっすり寝ている、まだ小さな子どもの私を起こしたのは、母だった。 「起きて。着替えて」 居間には、既に私の衣服が並べられていた。 「さっ、早く。出掛けるよ」 寝ぼけ眼で、ズック靴を履いた。 ……
〈続きを読む〉
朗読:いのこ福代  
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort
Voicy Novels Cabinet