小説の応募
Slider

カテゴリー

コアラと笹

  • 2020年9月23日

 

コアラと笹

吉崎 梛

 一週間前、東京の大学の同期の國村からメールがあった。
 「今度、名古屋に行くから会わないか」と。意外だった。國村はなんとなく一緒にいた仲間のひとりで、どちらかといえば、僕はあいつが苦手だった。あいつも僕のことなど眼中になかったはずだ。なのに、僕に会いに来る。國村は東京生まれの東京育ち。東京以外は地方呼ばわりで、いけ好かない奴だった。たぶん、あいつは、東京で就職できず、名古屋に戻った僕がどんな顔をしているのか見たいだけなのだ。
 でも、ここであいつの申し出を断れば、東京にまだ未練があると勘ぐられるのも嫌で、ついOKと返信してしまった。
 名古屋駅の金の時計の前で待ち合わせることにした。
「金の時計?名古屋人は何でも金が好きなんだな。名古屋城のしゃちほこも金なんだろう?」と馬鹿にしたようなメールがきた。別に名古屋市民全員が金好きなわけじゃない、つくづく嫌みな奴だ。そんなことを考えていたら
 「よっ、元気だったか?」不意を突かれた。本当は余裕のある顔で、こっちから声をかける予定だったのに。
 「何だよ、その顔。相変わらずボーッとしてんだな」と上から目線だ。僕は、再会の挨拶も考えていたのに台無しだ。
 「俺、ひつまぶしが食べたい」と國村は唐突に言う。
 「えっ、ひつまぶし?」自分でも笑えるくらいひっくり返ったような声が出た。
 「お前って、相変わらずおかしいよな」と國村は声を上げて笑っている。調子が狂う。今日は僕が主導で名古屋を案内するつもりで、昨日も念入りにスケジュールを見直していた。まずはゆっくりと名古屋観光と考えていたのに。
 僕は車で来たと言うと「さすが、地方だ」と嫌みだ。駐車場へ向かった。外は暑い。名古屋特有の蒸し暑さだ。國村がすかさず「サウナか」と突っ込みを入れる。
 ひつまぶしの店は何店かチェックしていた。その中の一つに入った。國村はひつまぶしが入っているお櫃の蓋を取るなり、「よくこんなに細かく切れるな」と言いながら、ひつまぶしの食べ方を真剣に読み始めた。
 「面倒くさいんだな」との言葉とは裏腹に、順番通りに食べている。お茶漬けがよほど気に入ったのか、僕のお櫃に少し残っていた分も、勝手に取ってお茶漬けにして平らげた。
 「美味かった」國村は満足そうに言った。目の前の二つのお櫃にはご飯が一粒も残っていなかった。
 それから僕たちは名古屋城へ向かった。國村のリクエストだ。しゃちほこを見て、國村は「本当に金だ」と大笑いし、天守閣の金づくしには目を瞠った。極めつけは金しゃち横町で食べた金箔のソフトクリームだ。「何だこれ」と言いながら、國村は、はしゃいでいた。不覚にも良い笑顔だなと思った。僕に写真を撮ってくれと頼んだときは子どもみたいだなと思った。
 あっという間に一日が暮れた。
 「名古屋駅まで送るよ」と車に乗ったとき、國村は心なしか、寂しそうだった。
「まさかね」國村に限ってそんなことはない。久しぶりに会って、僕もセンチメンタルになってたのだと思った。
 名古屋駅に向かう途中、「俺、来月から青森に転勤なんだ」國村がボソッと言った。
 「そうしたら、急にお前に会いたくなっちゃって、名古屋で元気にしてるかなって」。僕は咄嗟に國村の横顔(よこがお)を見た。少し照れたような笑顔だった。
 「俺、名古屋に来てわかった。お前が何で鷹揚としてるのかってことが」
 「僕が鷹揚?」
 「そうだよ。名古屋って、何だか地味だし、タモリにもいじられてるけど、何があっても何でもございませんって顔してるじゃない。それが良いとこなんだよな。お前とおんなじ」僕、褒められてるの、國村に?
 國村を駅前で降ろし、そこで別れた。意外なほどあっさりしていた。
 拍子抜けした僕は「そんなもんだよな」と車を走らせようとすると携帯の着信音が鳴った。國村からだ。
 「今度来るときは、コアラを見に行きたい」とご丁寧にコアラのイラスト付だ。僕はすぐにOKと返信した。
 すぐにまた着信音が鳴った。
 「コアラの餌って笹だっけ?」
 「ユーカリだよ、ば~か」僕はニヤつきながら返信した。

タグ
·
カテゴリー
青春

コメント

  • ほのぼの
    しちゃいました🍀

    コアラの餌は笹❓
    って箇所
    ジワリな味☺️

    赤尾 和江 2020年9月28日 3:49 AM 返信
    • 題名になんの疑問も持たず読んでて、落ちで可愛いいなと思いました。
      社会人2年目くらいの人かなぁ?まだ若い男の人を想像できて、
      二人の関係性が面白いです。
      その後の壮年になった頃のお話もきっと面白そう。

      emiko kato 2020年9月30日 12:36 PM 返信
  • 友達のこと
    わかってたつもりでもわかっていないことは
    意外にあるような気がします。
    自分のことがわかっていないから
    当たり前なのかな。
    でも、だから面白いんですよね。

    名古屋人は鷹揚。確かにそうかも知れません。

    郡山 景子 2020年9月29日 3:05 AM 返信
    • 私も含め人は、誰かと自分を比べてしまいがち。見た目、経済的、学歴とか。でも、それは、気にしている人の心にあるだけなのかなあと思いました。

      諏訪淑子 2020年9月29日 11:00 PM 返信
  • 題名になんの違和感もなく読んで、落ちで可愛らしさに悶えました。
    「あんばよう~」の方もでしたが、こちらも社会人2~3年くらいの若い男性って感じてすね。
    短編好きです♪また上げてください。

    笑子 2020年10月1日 12:17 AM 返信
  • 僕と國村の関係がリアルで読みながら心がゾワゾワした。ストレスも感じつつ折り合いもつけ、私がよくやっているのと同じだ。苦手な人という前提なので気持ちが過敏に反応しながら読みました。う~ん、リアルでした。

    柴田和子 2020年10月2日 1:08 AM 返信
  • そこはかとなく寄る辺ない感じが、コアラとパンダの関係みたいで、やられてしまいました。
    李禹煥の絵を想います。

    安井まり子 2020年10月8日 3:25 PM 返信

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。

※作品に対する温かいコメントをお待ちしています。
※事業団が不適切と判断したコメントは削除する場合があります。

Voicy Novels Cabinet