Slider

カテゴリー

検索ワード : 渋沢和夫

キーワード: / /
小説の種類:
JR名古屋駅

あらすじ

 残業して疲れた体で夜八時過ぎに家に戻ると、姉が居間にいた。姉は目が合うと、片手を上げて「お帰りなさい。おじゃましてます」と言った。 僕より三歳上の姉は十年前に結婚して、今は義兄の転勤で東京に住んでいる。……
〈続きを読む〉
朗読:園田裕史
eskişehir bayan escort - escort eskişehir - eskişehir escort - izmir escort bayan - escort
Voicy Novels Cabinet