小説の応募
Slider

カテゴリー

想ひ出

  • 2021年2月16日

想ひ出

おてんばムスメ

 東片端のあたりに生まれた。
 あの頃は自然豊かな町だった。
 撞木町にある美しい薔薇科の落葉樹が咲き乱れる路地。
 私はやんちゃでお転婆な子どもだった。

 昭和18年。小学五年生。
 親から離れて初めて疎開した。
 集団疎開。キュウリとトマトが嫌いになった。
 案外、好き嫌いが増えてしまった時期である。
 そんなとき、四つ下の弟が同じく集団疎開で別のお寺に疎開してきた。
 集団生活についていけない彼は、嫌で嫌で脱走したのである。彼は勇気、ある。
 そこで2人は木曽平沢の叔父のところに預けられた。
 昭和20年、ひとつの学校から1人しか入れないという松本の第一女学校に入学。
 頑張った。
 木曽平沢から松本の距離を知らなかった。
 通ってみればとんでもない距離。
 生活の半分くらいの時間、通学に費やすこととなった。

 夏休みの8月。
 天皇陛下のラジオを聴いた。
 もう爆弾に怯えなくてもいいのだとホッとした。
 終戦後、焼け出された両親とともに、やっとのことでようやく名古屋に帰ってきた。
 まちは焼け野原。
 なんにもなくなっていた。

 栄のまちは笑っちゃうくらいに見晴らしがよくて。
 あんなに都会だと思っていた景色が嘘みたいだった。
 とってもとっても広く感じた。
 それでも、まちのひとは当たり前に生きていた。
 人間って強いなって、改めて思った。
 みんな、逞しい。

 それからしばらくして、道が通った。
 いわゆる100メートル道路。
 なんにもないからこそ、都市計画は立てやすいのだろう。
 驚いた。
 そして嬉しかった。
 全部なくなったまちにどんと通ったこの幅の広い道路は、沢山のものを運べるに違いない。
 名古屋が、また賑わしくなるだろう。
 活気が出て、みんなが元気になる。
 あのガチャガチャした風景に、早く戻ってほしい。
 なんだかとってもワクワクした。

 私はといえば。
 名古屋市立第三高等女学校に転校。
 二年生のときに、愛知県立第一中学校と統合。
 いまの旭丘高等学校になった。
 その3回生となった。
 制服を決めるときの話。
 運動場に全員集められてモデルさんがセーラー服を着て。
 その可愛らしい様子に拍手喝采。
 そしてそのままそれが制服に決定してしまった。
 学校の名前もみんなで決めた。
 「泉鏡花学院」などというなんだかよくわからない意見が乱発。
 最後に決まったのが「旭丘高校」
 いま思えばそれでよかったとしみじみ。
 青春を満喫した時代。
 校内マラソン大会では二年連続1位だった。
 そんな頃、名古屋経済専門学校でシューベルトのますを独唱。
 その頃から歌に目覚めて歌を極めたいと思った。歌うことが、好き。
 高校3年生の秋。
 音楽の指導をしてくださった大先輩と出逢う。
 絞られて絞られて、歌の指導をしてくださった1回生。
 最初は沢山の女学生のひとりだった私なのだけれど。
 その後に結婚したのが私の大事な旦那さま。

 あれから75年。
 幸せな幸せな60年だったなあ。
 パパはもういないけれど、幸せだったと改めて。 
 あんなに賑やかに市電が走っていた道さえも移り変わって。
 すっかり栄のまちは変わった。
 便利になって、色んなお店に出会える。
 食べ物にも不自由しない。
 私も相応に歳をとり、毎日をつつがなく過ごしている。
 しかし、今でも昨日のことのように思い出す。
 あの頃の栄の風景を。
 いろんなことがあったけれど、穏やかに生きていけるこのまちの移り変わりが感慨深い。

 セントラルパークの真ん中から新しいTV塔の綺麗なイルミネーションを見ながら思う。
 名古屋のまちが好きだ。
 生まれ育ったこのまちが好き。
 大変なことも沢山あるけど。
 大地に両足を踏みしめて、上を向いて歩いていこう、そう思う。

カテゴリー
青春

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。

※作品に対する温かいコメントをお待ちしています。
※事業団が不適切と判断したコメントは削除する場合があります。

Voicy Novels Cabinet